イベント・セミナー
ホーム > イベント・セミナー 一覧 > ■□品川区情報通信シンポジウム □■ で講演いたします<終了しました>
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

イベント・セミナー

■□品川区情報通信シンポジウム □■ で講演いたします<終了しました>

イベント
品川区情報通信シンポジウム
開催日時
2015年5月12日(火) 16:00 - 20:00(懇親会:18:00)
開催場所
大崎ブライトコアホール
品川区北品川5−5−15 大崎ブライトコア3階
定員
約100名
参加費
第一部:無料  第二部:2,000円
主催
品川区商業・ものづくり課
共催
一般財団法人品川ビジネスクラブ
お申込み
右詳細PDFの参加申込書をFAX送信いただくか、
お電話にてお申込みください

セミナーのご案内
PDFファイル【0.99MB】
プログラム
第一部
基調講演
16:00-16:45 【演題】
3Dデジタル技術と生体質感モデリングによる医療の課題解決ビジネス


工業における3Dデジタル技術の適用は設計分野での製品モデリングと機能シミュレ-ションで飛躍的に発展し、その応用技術領域に3Dプリンターがある。弊社が得意とするものづくりから医療、医学へこの技術の活用を拡大できたのは先進的な大学や医療機関との共同研究と医工産学連携でその成果のひとつに特許技術、Bio-Texture Modeling(生体質感造形)がある。これらの技術知見を もとに課題解決型の手法を医療に取り入れる事例を紹介する。
株式会社ファソテック
代表取締役社長
竹内 淳一
講演者プロファイル

IBMで30年以上のものづくりのITソリューションビジネスを経験、2004年からIBM AsiaPacific PLM事業のトップとしてグローバル企業の3D CAD 展開を指揮、その後経産省SBCコンソーシアムを企画実行、2011年よりFASOTECの経営に参画。デジタ ルものづくりがライフワーク。
第一部
基調講演
16:45-18:00 【演題】
3DプリンティングによるLife Reverse Engineering

医療における3Dプリンティング技術は、臓器模型から再生医療まで幅広く活用されている。特に医療画像情報を元に造形された臓器モデルは、その柔らかさや水分量などの質感までを精密に再現するまでに進歩した。その先駆的な試みについて、実際の医療現場での活用を中心に解説する。
国立大学法人 神戸大学大学院
医学研究科内科学講座消化器内科学分野
特務准教授 医学博士 杉本 真樹
講演者プロファイル

外科医としての臨床経験を経て医用画像処理、医療ITシステム、手術支援、低侵襲手術や手術ロボット、3Dプリンタによる生体質感造形など、最先端医療技術の研究開発と医工産学官連携に長年従事。医療関連産業の集積による経済活性化、科学教育、若手人材育成を精力的に行っている。帝京大学客員教授、千葉大学客員准教授、群馬大学客員准教授を兼任。
第二部
18:00-20:00
懇親会(参加費:2,000円)
お問合せ先
品川区地域振興部 商業・ものづくり課 企業支援係
TEL:03-5498-6333 FAX:03-5498-6338
2015/04/10

page top